弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part1

弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part1


6/10 11:20 新都市交通ゆりかもめ、テレコムセンター駅集合。


徒歩にて撮影現場へ移動。


2時間待ち。13:30から撮影開始。ちょっと待ち時間が長かった。
エキストラは待つのも仕事のうち!!


いつもの裁判所、前のシーン。

武田先生(伊藤英明さん)、加藤先生(高島 礼子さん) (モト 冬樹)さんが登場。

今日はこのシーン、くず先生欠席。

武田先生、いつもと様子が違う。

元気がない。。

どうしたのか・・・。

あっ!光り輝く弁護士バッチがない。



弁護士バッチを付けた、弁護士たちが裁判所から出てくる。
なんとも言えない表情で、彼らを見やる武田先生。


今日は今井監督。こだわりの監督である。


エキストラが中心のシーンでも手を抜かない。


武田先生(伊藤さん)と我々、エキストラが行き交うカットなのだが
色々なアングルで撮っていく。


武田さんをアップで。

弁護士バッチを付けたエキストラを右に左にカメラが追う。

弁護士バッチのアップ!
ジャ〜ン。


撮っちゃいました。弁護士バッチ

この弁護士バッチ、よくよく見ると、真ん中に天秤が彫られてあるのですね。
バランスを考えて弁護しろ!!ってことかな?


カメラマンさんとの綿密なやり取り、意見のぶつかり合い。
その内容は、ハッキリと聞こえないが、とにかくいい作品を!!
という意思がビンビン伝わってくる。


伊藤さんの台詞からすると、弁護士バッチを剥奪されたみたい。。


今日は伊藤さんの得意の口笛「GO MY WAY」も聞けなかった。。
少々、残念。



ありがとう、弁護士のくず!!!


posted by NISHI at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(2) | 最終回
この記事へのコメント
NISHIさん、こんばんは!

ブログタイトルが違うのでこちらに伺ってNISHIさんと知ってびっくりしました!
このドラマだけ別にブログを作られたということですね?こだわりですね♪

最終回にも出演されたのですね。お疲れさまです。読ませていただいて、そのシーン思い出しました。
貴重な体験話。また楽しみにしておりますよ。
Posted by まりりん at 2006年08月12日 23:56
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

弁護士のくず 最終話
Excerpt: 仕事を続けるのが辛くなる場面に遭遇したとき
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-08-12 14:49

弁護士のくず 最終回 評価“ゲストとセリフ◎で、星3.5”
Excerpt: これも続編ありですか~~。TBSもだんだんにテレ朝化してきたということでしょうか?
Weblog: ハマリもん
Tracked: 2006-08-12 23:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。