弁護士のくず 第7話 撮影裏話 Part1

弁護士のくず 第7話 撮影裏話 Part1



裁判所のシーン。



5/14(日)集合6:20 

先日、車両故障があり止まってしまったニュースが
報じられた東京の新都市交通『ゆりかもめ』。



そのテレコムセンター駅近くの某ビルでの撮影。



裁判所設定のそのビルの中はとてもキレイ。

とても裁判所とは思えない。(本物へは入ったことがありませんけど。)



今日は事務所のマネージャーさんが来ない。
これを「捨て現場」ともいう。
マネージャーさんに見捨てられた現場といった風か。



撮影スタッフの方に挨拶後、建物の中に入るように指示され
朝食(おにぎり2個+ゆで卵or唐揚げ+おしんこ、そしてお茶)を受け取る。


おにぎりを頬張っていると、ADさんより、




『先に実景とりまーす。』とのこと。




食べかけのおにぎりをお茶で胃の中に流し込む。



実景とは役者さんのいない撮影のこと。
エキストラのみで裁判所入口のシーンを撮影。


ドライ(大まかなリハーサルの意)の途中
九頭(豊川さん)登場。



すんなり撮影は終了。でも雨がポツリ、ポツリ。



このあとの撮影、大丈夫?



そして伊藤さん、そしてモト冬樹さんが登場。
裁判所前のシーンを撮影。



その間、我々エキストラは建物内で待機。



役者さんたちが裁判所前のシーンを撮影後
建物内に入ってくる。



次のシーンは裁判所内のロビーにあるソファで
今日の裁判の話、あれこれ。



役者御三方の周りを、エキストラが行ったり来たり。

今日は場外乱闘が見れる(くず先生談)。
武田先生が、これをたしなめる。




このシーンは確か3カットに分けて撮影されたのだが、
「カット」の声がかかると



『GO MY WAY』の口笛! 



・・・? 



伊藤さんだ!!

GO MY WAY
GO MY WAY
hitomi, Zentaro Watanabe

この口笛、なかなか上手。音がよく響く。



そのあとは、口笛でアメリカ国家まで!
レパートリー豊富。



8時にはここでの撮影終了。時間にして2時間弱。
エキストラはここまで。
朝から美味しい「くず」現場でした。


                 nishi  


posted by NISHI at 17:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 第7話
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。