弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part2

弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part2


6/17(土) この日は、他の現場(クロサギ最終回!)と重なり


エキストラが足りない!


前もって、土曜日(スケジュールを)空けておいてくださいと、
事務所より念を押されていた!!!


前日、集合場所&時間を確認すると・・・


事務所スタッフ 「6/17 05:30 営団地下鉄赤坂駅!集合」

nishi      「多分、間に合いませんよ。」 

事務所スタッフ 「大丈夫、インターネットで調べましたから。始発に乗れば
         05:28に駅に着きます。それで結構です」

nishi      「・・・わかりました。」



観念して、服装、持ち物を確認。



当日、予定通り 05:28 に駅に着き、ダッシュ!!
朝っぱらから、同じように走っている人が!


見慣れた顔、約二名。同僚エキストラ!!


ロケバスが、我々の到着を待っている。普段はエキストラ待ちなんて
ありえない!!


ADさんへの挨拶もそこそこにロケバスに飛び込む。



ロケ先は先週も撮った、ゆりかもめ テレコムセンター駅 近くの
いつも裁判所として使うビル。


今日は、ここで5年前の回想シーンを撮るらしい。前回同様、今井監督。


普段は、「裁判所」と書かれた大きなセットを置いて、ビル前での撮影。
そして、1Fの広い廊下に、長いすを持ち込んで裁判所受付付近のシーンを
撮っているのだが、今日はまず2Fでの撮影。



川田弁護士役の佐野 史郎さんと加藤先生の絡みのシーン。



加藤先生は、このシーンのために、髪を短く切ってきたのだろう。
若々しい雰囲気。



お二人が裁判所内にて裁判に勝った後、立ち話をしている。
私ともう一人のエキストラが奥行きを出すために
はるか後ろで、廊下を横切るというもの。

でも実際には、二人の立つ廊下の後方には交差する廊下などない!!

ドライ(大まかなリハーサル)が始まる。

2mほどの廊下左側にある「梁」の部分から廊下を
横切り、反対右側の「梁」の部分に身を隠す。ようにと。。


「よーい、ハイッ」

「カット」

「エキストラさん、かばんが見えてるよ!!ちゃんと引っ込めて!!」


身体は梁に隠れたのだが、かばんが、梁からはみ出していた!
あー。恥ずかしー。



本番は一発合格!



その後は、撮影現場とは、やや離れたところに待機。



撮影の様子、わからない。。


第11話での次回予告を見ると「俺はほとほと、この仕事が嫌になったよ。」と、呟く、くず先生の様子を撮っていたようだ。


その後、1Fに移動。


いつのまにかエレベーターホールにいつものセットが現れた!!


くず先生、武田先生そして笹野優司役の坂本昌行さん(V6)
がエレベーターから降りてくるシーン。


金盛みはる役の畑野ひろ子さんが一人ぽつんと長イスに座っている。
ちらりと三人を見やる。左手薬指の指輪がキラリ。


サクサクッと撮り終えて、遡って11話のロケ地、横浜市内の某区役所へ。
ロケバスにて移動!


そこには、11話の演出担当の酒井監督、&平太役の田辺 誠一さんが
待っている!


Let's Go!!!

ここは1シーン。一時間もかからず収録終了。
再び撮影隊は東京都内にとんぼ返りとなったのでした。


今日のオマケ

『ポパイ弁当』
↓↓↓↓↓↓


早朝集合のロケに行った時、エキストラも、もらえるポパイ弁当。
激務のスタッフのお腹を支えます!。

おにぎり2ヶ、ゆで卵or鳥のから揚げ、おしんこのセット

ウーロン茶も支給されます。 



posted by NISHI at 17:24 | Comment(1) | TrackBack(4) | 最終回

弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part1

弁護士のくず 最終回 撮影裏話 Part1


6/10 11:20 新都市交通ゆりかもめ、テレコムセンター駅集合。


徒歩にて撮影現場へ移動。


2時間待ち。13:30から撮影開始。ちょっと待ち時間が長かった。
エキストラは待つのも仕事のうち!!


いつもの裁判所、前のシーン。

武田先生(伊藤英明さん)、加藤先生(高島 礼子さん) (モト 冬樹)さんが登場。

今日はこのシーン、くず先生欠席。

武田先生、いつもと様子が違う。

元気がない。。

どうしたのか・・・。

あっ!光り輝く弁護士バッチがない。



弁護士バッチを付けた、弁護士たちが裁判所から出てくる。
なんとも言えない表情で、彼らを見やる武田先生。


今日は今井監督。こだわりの監督である。


エキストラが中心のシーンでも手を抜かない。


武田先生(伊藤さん)と我々、エキストラが行き交うカットなのだが
色々なアングルで撮っていく。


武田さんをアップで。

弁護士バッチを付けたエキストラを右に左にカメラが追う。

弁護士バッチのアップ!
ジャ〜ン。


撮っちゃいました。弁護士バッチ

この弁護士バッチ、よくよく見ると、真ん中に天秤が彫られてあるのですね。
バランスを考えて弁護しろ!!ってことかな?


カメラマンさんとの綿密なやり取り、意見のぶつかり合い。
その内容は、ハッキリと聞こえないが、とにかくいい作品を!!
という意思がビンビン伝わってくる。


伊藤さんの台詞からすると、弁護士バッチを剥奪されたみたい。。


今日は伊藤さんの得意の口笛「GO MY WAY」も聞けなかった。。
少々、残念。



ありがとう、弁護士のくず!!!
posted by NISHI at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(2) | 最終回

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。